電源ユニット

◇まずは電源ユニットを作成しましょう。

1.回路図
board_p-sch3.png
回路図
電源ユニット修正brd.png
実装図
※電源スイッチが写真より一列手前ですが、こちらの画像が正しいです

2.実装
部品をハンダ付けしましょう。
VBat 赤
3.3V 黄
GND 黒
といったように配線の色を分けるといいでしょう。
組付け図.JPG
電源コネクタ(POWER_CN)の箇所は3センチくらい基板から配線を引き出しておきます。

◆電源コネクタ
電源コネクタを作成しましょう。
逆向きに付けないように注意しましょう。
バッテリコネクタ作成前.JPG
エポキシを付けて絶縁しましょう。
バッテリコネクタ作成後.JPG

3.動作確認
テスターを使って導通チェックを行いましょう。
・VBat、3.3V、GND間がそれぞれ導通していないこと
・配線ラインがVBat、3.3V、GNDとそれぞれ導通していないこと
を確認しましょう。

導通チェックが済んだら、バッテリをつないで、電源を入れましょう。
・3.3Vが出力されていること
・青色LEDが点灯すること
が確認できたら完成です。
動作確認.JPG






  • 最終更新:2014-08-05 01:56:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード